妻 不倫

妻の不倫旅行を調査したい

妻の不倫旅行を調査したい。エビデンスが不完全であるまま、ママの密会を抗議して失敗した実例解説。ボイスレコーダーに記録した姦夫と嫁はんのあえぎ声。

 

嫁の対応がおかしくなり、ボイスレコーダーをかばんに忍び入れたりしておきました。

 

後で確認してみると、姦夫と性の営みをしている声が聞こえてきました。

 

こういうのは確実なプルーフだと見なしてワイフに問い詰めると、情事を白状しました。

 

されど、いざ男へ慰謝料請求をしようとすると、急に主張を変えてきたので。

 

ホテルには一人で行き、他の男と一緒ではないと。

 

そういうことはあり得ないと思いましたが、弁護士事務所に教えてもらってみても、詰まるところ不倫の現場を動画撮影など証拠資料として取っておかないと、裁判になった時に明確な証拠不義のプルーフになり得ないという回答。

 

妻の不倫

 

奥さんが車のシートの上で間男とキッスしていたにも関わらず・・・。

 

奥さんの帰宅があまりにも遅いので、勤め先に行ってみたところ、案の定閉まっていました。

 

車を置く場所にママのカーがあり、なんと他の男とディープキスをしているのです。

 

それを見て失神しそうになってしまいました。

 

怒り心頭のあまり、車のドアを開けて大きな声で叱咤して、密夫のIDおよびビジネスカードを出させ、慰謝料主張をやりました。

 

けれど、少し日が経って相手の弁護士から知らせが寄こされ、あなたがした行動は脅迫罪になる可能性が高いので、お巡りさんに被害届を送付すると宣告されました。

 

その上、車内で接吻しただけでは不貞行為に該当しないので、密通の慰謝料を支払うオブリゲーションは無いというのです。

 

こちらとしてはすごく狼狽しました。

 

奥さんが他の男と唇で愛撫している現場を目撃して、不倫に相当しないとは何を言っているんだと感じました。

 

詰まるところ、示談ということになりましたが、こちらとしてはやり切れない心境です。

妻 不倫記事一覧

妻が浮気をした証拠を掴んで制裁の慰謝料請求。よしんばワイフの不貞が黒だったとしても、自分で復讐しない方が賢明です。それは、自分の言葉で制裁を与えようとすると、あなたの立場が都合悪くなってしまうからです。相手が間違っているからといって、家内に大音声でどなりつけてしまうと、DV(家庭内暴力)と理解されて離婚裁判になった時などに途方もなく弱い立場になります。凶暴な調子で糾弾されたので精神病になってしまっ...